太陽光発電各社の料金比較

太陽光発電は太陽光を受け止める発電させる太陽電池モジュールと、この太陽電池モジュールによって発電された電力を、家電で使えるようさせるパワーコンディショナー、さらに発電の状況を見るための発電モニター、さらに電気の売買を計測する電力量計などから構成されています。子の中で、最もコストがかかるのが太陽電池モジュールです。そのため。各メーカーの料金を比較する場合は、この太陽電池モジュールの一枚当たりの単価を比較していくことになります。

太陽電池モジュールの単価は、メーカー希望小売価格で10万円前後から20万円前後とかなり差があります。ただ、この太陽電池モジュールの単価を単純に比較すれば良いというわけではありません。なぜなら、それぞれ性能にかなり差があるからです。注目しなければならないのは、最大発電量と変換効率です。

一般的な家庭で必要な電力量を太陽光発電でまかなうためには、何枚の太陽電池モジュールが必要になるのかを計算します。この際に重要になってくるのが最大発電量です。屋根の面積が小さい家の場合は、最大発電量の大きい太陽電池モジュールを少なく並べるということが求められます。逆に屋根の面積が広い場合は、最大発電量が小さくても、電池モジュールの枚数を増やすことで必要な電力をまかなうことができます。また、太陽光発電において変換効率の良いものを選ぶことが大切です。変換効率の悪い太陽電池モジュールをたくさん並べるより、変換効率の良いものを少なく並べるほうが経済的だし、屋根の負担も軽減されます。

太陽光発電:適性価格比較

自宅に太陽光発電を導入したいと考えてるご家庭もあるかもしれません。
太陽光発電といえばクリーンエネルギーの象徴として、企業でも家庭でも積極的に導入が進んでいますが、導入するにあたってはポイントを抑えておかなければなりません。
例えば、施設の設置における適正価格を見極めるということです。
これができないと、悪質な業者に騙されてしまいかねません。
つまり、太陽光発電の設置業者にもいろいろなところがあって、安いところもあれば高いところもあり、また適正価格で工事を請け負うところもあります。
このうち、最もいいのは適正価格で工事を行うところですが、クライアントはそれを見極める必要があるのです。
どのように見極めるかといえば、各設置業者の料金を比較してみることです。
一覧形式で各業者の費用を比較したサイトがありますので、それを参考にして比較してみましょう。
たまたま知り合った業者にそのまま依頼してしまうかもしれませんが、その前にちゃんと相場をリサーチしておけば、その業者の価格が適正なのかどうか、見極めることができます。
ここで注意したいことは、安い業者に簡単に飛びついてしまうことです。
安いことは確かにいいことですが、その代わり質の低い工事をされてしまうと、十分に発電ができなかったり、すぐにメンテナンスが必要になるという事態を招いてしまいます。
したがって、料金を検討しながらも、業者の施工実績や技術についても見ておかなければなりません。

太陽光発電メーカー主要パネル性能比較

省エネのために太陽光発電が徐々に広がっています。太陽光発電の魅力は何と言っても電気代を大幅に節約することができることです。夜間は発電することができないので、通常の電力を使用しなければなりませんが、昼間の間に発電した電力を売電することによって、その夜間使用分を補うことが可能です。初期費用がかかりますが、各種補助金を使い、売電を利用することで、一般に12~3年で元を取ることができると言われています。

ところで、太陽光発電システムを提供しているメーカーは国内外多数ありますので、どのメーカーのものを選ぶか決める必要があります。主要パネルの性能比較ももちろん大切ですが、それだけではなく家の外観が大きく変わってしまうので、デザイン性なども考える必要があります。特に、特殊な形の屋根の家の場合重要なポイントになってきます。

各メーカーの大雑把な特徴と上げると、実績があり、信頼性が高く、コストも比較的安価なのがシャープです。コストパフォーマンスに優れているメーカーと言えます。京セラは、国内で初めて住宅用太陽光発電システムを提供したメーカーとして知られており信頼性は高いです。三菱電機は、パワーコンディショナの変換効率が優れており、発電した電力のロスが少ないのが特徴です。独自のハイブリッド構造で世界に進出しているのがパナソニックです。また海外のメーカーとしてはカナディアンソーラーや中国のサンテックパワーなど急成長の企業もあります。