太陽光発電各社の料金比較

Pocket

太陽光発電は太陽光を受け止める発電させる太陽電池モジュールと、この太陽電池モジュールによって発電された電力を、家電で使えるようさせるパワーコンディショナー、さらに発電の状況を見るための発電モニター、さらに電気の売買を計測する電力量計などから構成されています。子の中で、最もコストがかかるのが太陽電池モジュールです。そのため。各メーカーの料金を比較する場合は、この太陽電池モジュールの一枚当たりの単価を比較していくことになります。

太陽電池モジュールの単価は、メーカー希望小売価格で10万円前後から20万円前後とかなり差があります。ただ、この太陽電池モジュールの単価を単純に比較すれば良いというわけではありません。なぜなら、それぞれ性能にかなり差があるからです。注目しなければならないのは、最大発電量と変換効率です。

一般的な家庭で必要な電力量を太陽光発電でまかなうためには、何枚の太陽電池モジュールが必要になるのかを計算します。この際に重要になってくるのが最大発電量です。屋根の面積が小さい家の場合は、最大発電量の大きい太陽電池モジュールを少なく並べるということが求められます。逆に屋根の面積が広い場合は、最大発電量が小さくても、電池モジュールの枚数を増やすことで必要な電力をまかなうことができます。また、太陽光発電において変換効率の良いものを選ぶことが大切です。変換効率の悪い太陽電池モジュールをたくさん並べるより、変換効率の良いものを少なく並べるほうが経済的だし、屋根の負担も軽減されます。