太陽光発電メーカー主要パネル性能比較

Pocket

省エネのために太陽光発電が徐々に広がっています。太陽光発電の魅力は何と言っても電気代を大幅に節約することができることです。夜間は発電することができないので、通常の電力を使用しなければなりませんが、昼間の間に発電した電力を売電することによって、その夜間使用分を補うことが可能です。初期費用がかかりますが、各種補助金を使い、売電を利用することで、一般に12~3年で元を取ることができると言われています。

ところで、太陽光発電システムを提供しているメーカーは国内外多数ありますので、どのメーカーのものを選ぶか決める必要があります。主要パネルの性能比較ももちろん大切ですが、それだけではなく家の外観が大きく変わってしまうので、デザイン性なども考える必要があります。特に、特殊な形の屋根の家の場合重要なポイントになってきます。

各メーカーの大雑把な特徴と上げると、実績があり、信頼性が高く、コストも比較的安価なのがシャープです。コストパフォーマンスに優れているメーカーと言えます。京セラは、国内で初めて住宅用太陽光発電システムを提供したメーカーとして知られており信頼性は高いです。三菱電機は、パワーコンディショナの変換効率が優れており、発電した電力のロスが少ないのが特徴です。独自のハイブリッド構造で世界に進出しているのがパナソニックです。また海外のメーカーとしてはカナディアンソーラーや中国のサンテックパワーなど急成長の企業もあります。