太陽光発電ソーラーパネル比較

Pocket

太陽光発電の普及が進んできており、生産量が増えるにつれてスケールメリット効果で価格が下がってきています。
そのため、導入を検討する人の数がさらに増えてきています。
ところが、いざ太陽光発電システムを導入しようとすると、様々な種類のソーラーパネルがあり、いったいどれにしたらよいのか迷ってしまいます。
そこで、いくつかのポイントに絞って比較検討してみます。

まず第1のポイントは何といってもそもそものパネル価格です。
初期導入コストが軽視できないため、パネル価格は必ず最初に確認しましょう。
その際には、製品本体の価格のみならず、国や地方自治体からの補助金がいくら出るのかについても確認し、実際の支払い価格で比べるようにしましょう。

補助金は予算が設定されているケースが多く、早めに申請しないと諸ていの条件を満たしていても予算不足が原因で受け取れなくなるので、
予算総額や利用度合いについてもチェックしておく必要があります。

第2のポイントとしては、売電によって得られる収益が大切です。
昼間は電力使用量よりも発電量のほうが多くなることがあり、この際には電力会社に余った電気を販売することができます。
逆に、夜になると太陽光発電量がほとんどゼロになるため、電力会社から電気を購入します。

晴れた日の昼間には電気代がかからないどころか、逆に売電によって利益が得られるので、初期投資コストを少しずつ回収することができます。

この回収にどのくらいの期間がかかるのかを確認してください。
太陽光パネルの寿命よりも長いソーラーパネルがあれば、導入の価値があります。